読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

you と pure...

桃源郷

男の記憶

男には、昔愛した女との記憶を1ミリたりとも忘れることがないという特性がある。

 

初めての出会い、告白、思い出の場所、匂い。

思い出そうとするとわからないこともあるけど、ふとした時、記憶が鮮明に瞼の裏側に風景として映りだす。

 

そしてあなたはこんな人でこんなことがあった、といくつになっても話すことができる。

 

だけど本当は女だってそうなんじゃないかと思う、というよりはそうあってほしい。

 

記憶がない、忘れた、とこれから先もいい続けながら、心の端っこに1ミリだけ残しておいてほしい。

 

f:id:utopia20161116:20161121040855j:image